ジェルネイルは出来上りがマニュキュアより美しい

最近ネイルの主流になっているのが、ジェルネイル。 ジェルネイルは、マニュキュアと違い、ジェルを施したあとにライトを当てるという行程で固まります。 メリットがたくさんあるのですが、やはり1番大きいメリットは仕上がりが美しいということでしょう。 マニュキュアにも光沢がありますが、ジェルネイルにはかないません。 あの上品でつやのある光沢は、マニュキュアにはできません。 そして、マニュキュアにストーンを付けた場合、すぐに取れてしまうということがあるのですが、 ジェルネイルの場合はジェルごと固めることができますので、 ストーンなどの飾りが長持ちします。 また、ジェルネイルのもちは3週間、長い人で1か月ぐらいもつので、 マニュキュアよりも全然もちがいいです。 最近では、セルフネイルをする方が増えて、自宅でも簡単にできるキットも売られています。 ライトやジェル、筆など一通り入っていても1回サロンに行く費用とあまり変わらないので、 自分でできるという方は全然お得です。 ネイルのアイディア本もたくさん出ているので、チャレンジしてみるのもありです。 それでもなかなか自分でするのは難しいという方は、今サロンのネイルはほとんどがジェル主流ですから、 どこでもお願いすることができます。 ジェルネイルをしなければネイルサロンも集客は大変です

爪の成分

爪の成分はケラチン成分でできています。ケラチンは、アミノ酸で構成されるタンパク質成分です。ケラチンは、爪、髪、毛などの主な成分でもあります。爪は皮膚の角質層が変化した形で最後の皮膚であるわけです。肌に油水分調整が重要のように爪にも適切な量の油分と水分が供給されなければなりません。 健康な爪は、ハリとツヤがあり、丈夫でやや丸い形をしていて均等にピンク色です。爪は、指先と爪が一致する程度で、カットするのがよく、中には丸い形になるようにするが、両側に直線部分が残るようにするのが望ましいです。 手を暖かく保ち、いつもぬるま湯で洗うこともケアの基本です。手と爪専用のクリームを塗る習慣も重要です。特に、肌と同じように爪も夜に再生されます。寝る前に油水分専用のクリームを塗って指先まで揉んでマッサージするようにします。 すでにあまりにも損傷されたのなら、手を洗った後、パックをしたり、栄養クリームを塗ってビニール手袋をはめて寝るのも一つの方法です。月に二回程度すると効果があります。栄養を供給するためには、ワカメ、昆布などのミネラルが豊富な海藻類をはじめ、ケラチン細胞の生成のためになるビタミンAやDを十分に摂取する必要があります。

爪の成長スピード

爪の成長スピードはだいたい一日に0.1㎜、日ごとに伸びます。平均的に爪は、根元から指先まで育つのに3ヶ月以上かかり、もちろん内的あるいは外的な色々な条件に応じて影響を受けますが、健康状態が良好であれば、そうでない場合よりも成長が速くなります。 30歳までは年齢とともに成長速度が増加するが、その後は速度が減少し、季節的には夏に最もよく育ち、一日の中では、夜よりも昼によく育ちます。 また、五つの爪は、すべて同じ速度で成長するようだが、実際には中指の爪が最も早く成長し、指が最も長いほど、最も多くの刺激を受けるようになり、最も多く機能するからです。何もしなくて遊びながら爪の手入れをする人なら、おそらく中指の爪がすぐに育つことを体感することができるでしょう。逆に親指が一番強いので、爪が伸びる速度が最も遅くなります。 そして、爪も多く使う部分と、あまり使われない部分の違いにより、少し擦り減り、もっと擦り減る差もあります。どうしても小指の爪はあまり使われません。キーボードを打つ時も、他の四本の指よりもshiftやenterを打つだけです。よく考えると他の四本の指は多く使われるが相対的に小指はあまり使われず、あまり擦り減りません。なので、より早く育っているように感じるだけなのです。

健康な爪の特徴

最近では道を歩いていると、ネイルアート店を簡単に探すことが出来ます。このようなネイルアートは、爪を美しく飾りたいという欲求で、主婦、働く女性、大学生に至るまで、多くの女性の中で大衆化して来ました。 しかし、健康な爪は、単にマネキュア塗ることで作られるのではありません。爪は硬いから骨のようにカルシウムで構成されていると考えがちです。しかし、爪は髪の毛や動物の骨のようにケラチンというタンパク質成分が90%を占めています。残りは水分と脂肪で構成されています。形と硬さは人によって異なり、硬度はケラチンと水分の組成に依存します。爪は死んだタンパク質で、ビタミン、ミネラルによって硬くなるのではありません。 健康な爪の特徴は、床に強く付着していて、しっかりとした弾力があります。滑らかで張りとツヤがあり、ピンクを帯びて丸いアーチを形成しています。しなやかさのために水分量が12〜18%を保有して、形の変形がありません。 健康な爪を維持するためには、カルシウムよりもタンパク質の摂取量がより重要です。爪の健康によいタンパク質が豊富な食品は、赤肉、牛乳、卵などです。疾患があるときは爪だけ良い食べ物を食べることよりも、原因となる病気を治療しながら平均な栄養を摂取する必要があります。