爪の成長スピード

爪の成長スピードはだいたい一日に0.1㎜、日ごとに伸びます。平均的に爪は、根元から指先まで育つのに3ヶ月以上かかり、もちろん内的あるいは外的な色々な条件に応じて影響を受けますが、健康状態が良好であれば、そうでない場合よりも成長が速くなります。 30歳までは年齢とともに成長速度が増加するが、その後は速度が減少し、季節的には夏に最もよく育ち、一日の中では、夜よりも昼によく育ちます。 また、五つの爪は、すべて同じ速度で成長するようだが、実際には中指の爪が最も早く成長し、指が最も長いほど、最も多くの刺激を受けるようになり、最も多く機能するからです。何もしなくて遊びながら爪の手入れをする人なら、おそらく中指の爪がすぐに育つことを体感することができるでしょう。逆に親指が一番強いので、爪が伸びる速度が最も遅くなります。 そして、爪も多く使う部分と、あまり使われない部分の違いにより、少し擦り減り、もっと擦り減る差もあります。どうしても小指の爪はあまり使われません。キーボードを打つ時も、他の四本の指よりもshiftやenterを打つだけです。よく考えると他の四本の指は多く使われるが相対的に小指はあまり使われず、あまり擦り減りません。なので、より早く育っているように感じるだけなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>