爪の成分

爪の成分はケラチン成分でできています。ケラチンは、アミノ酸で構成されるタンパク質成分です。ケラチンは、爪、髪、毛などの主な成分でもあります。爪は皮膚の角質層が変化した形で最後の皮膚であるわけです。肌に油水分調整が重要のように爪にも適切な量の油分と水分が供給されなければなりません。 健康な爪は、ハリとツヤがあり、丈夫でやや丸い形をしていて均等にピンク色です。爪は、指先と爪が一致する程度で、カットするのがよく、中には丸い形になるようにするが、両側に直線部分が残るようにするのが望ましいです。 手を暖かく保ち、いつもぬるま湯で洗うこともケアの基本です。手と爪専用のクリームを塗る習慣も重要です。特に、肌と同じように爪も夜に再生されます。寝る前に油水分専用のクリームを塗って指先まで揉んでマッサージするようにします。 すでにあまりにも損傷されたのなら、手を洗った後、パックをしたり、栄養クリームを塗ってビニール手袋をはめて寝るのも一つの方法です。月に二回程度すると効果があります。栄養を供給するためには、ワカメ、昆布などのミネラルが豊富な海藻類をはじめ、ケラチン細胞の生成のためになるビタミンAやDを十分に摂取する必要があります。高松市のネイルサロンはジェルネイルが得意でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>