健康な爪の特徴

最近では道を歩いていると、ネイルアート店を簡単に探すことが出来ます。このようなネイルアートは、爪を美しく飾りたいという欲求で、主婦、働く女性、大学生に至るまで、多くの女性の中で大衆化して来ました。 しかし、健康な爪は、単にマネキュア塗ることで作られるのではありません。爪は硬いから骨のようにカルシウムで構成されていると考えがちです。しかし、爪は髪の毛や動物の骨のようにケラチンというタンパク質成分が90%を占めています。残りは水分と脂肪で構成されています。形と硬さは人によって異なり、硬度はケラチンと水分の組成に依存します。爪は死んだタンパク質で、ビタミン、ミネラルによって硬くなるのではありません。 健康な爪の特徴は、床に強く付着していて、しっかりとした弾力があります。滑らかで張りとツヤがあり、ピンクを帯びて丸いアーチを形成しています。しなやかさのために水分量が12〜18%を保有して、形の変形がありません。 健康な爪を維持するためには、カルシウムよりもタンパク質の摂取量がより重要です。爪の健康によいタンパク質が豊富な食品は、赤肉、牛乳、卵などです。疾患があるときは爪だけ良い食べ物を食べることよりも、原因となる病気を治療しながら平均な栄養を摂取する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>